金本「選球眼」で勝利に貢献

2012年09月14日 12時00分

代打・金本は四球を選び1点追加

 13日のヤクルト戦(甲子園)、阪神・金本はこの日もスタメン出場はせず、ベンチから試合を見守った。

 出番が回ってきたのは2—1で迎えた8回だ。3番・鳥谷からの3連打などで一死満塁のチャンス。ここで平野への代打が告げられると、本拠地・甲子園は大歓声に包まれた。

 ヤクルト5番手の正田と対戦した鉄人は、早々と追い込まれながらもファウルで粘り、最後は8球目を見送って押し出し四球。代走を送られた金本はベンチへ戻り、笑顔を見せた。豪快な打撃は見られなかったが、貴重な追加点に絡みチームに貢献した。