ルーキー戸田「悔しい」広島4位転落

2012年09月13日 12時00分

先制を許しうつむく戸田

 広島は12日、巨人戦(東京ドーム)に0-5で敗戦。プロ初登板、初先発となる高卒ルーキー戸田を3回で降板させて中盤勝負に持ち込もうとしたものの、中継ぎ陣は火に油、打線は沈黙し、ついに4位に転落した。

 やはり荷が重すぎたのか。初回から制球が定まらない。プロ初登板初先発の広島・戸田は先頭の長野に四球を与えると、一死後に坂本に左翼線を破られ二、三塁のピンチを招いた。

 初見参となった東京ドームの雰囲気には、前日から圧倒されていた。これまでテレビでしか見たことのない巨人の主力打者が、打撃練習でピンポン玉のようにボールをはじき返す様子を目の当たりにし「すごいの一言。弾道もすごいし、打球の速さも違う」と目を白黒させていた。プロ初登板という大舞台でいきなりのピンチを招いた戸田は阿部に先制打を許すと、続く高橋由にも軽々と犠飛を打ち上げられた。

 9連戦を乗り切る上で先発が1枚足りないというチーム事情からの“学徒動員”だったが、3回を投げ終えたところでお役御免。早い回での降板に「悔しい」と本音ものぞかせたが、収穫はあった。「立ち上がりは少し緊張しましたが、2回からは落ち着いて投げられました」。打者15人と対戦し、計9アウトのうち8アウトをフライに打ち取ったのも持ち味通りだった。

 4回から2番手で登板したのは先発経験も豊富な福井。高卒ルーキーに先を越された悔しさを晴らすには結果で見せるしかなかったが、マウンドに上がるなりピンチの連続。4回こそ無失点に抑えたが、5回先頭の藤村に四球を与え、一死後に阿部を迎えたところで降板。これでは首脳陣の信用を取り戻せるはずもない。河内、中崎の中継ぎ陣も火に油を注いだ。

 打線も4年目で未勝利の笠原を相手に苦戦を強いられた。野村監督は常々、野手に対して「積極的に打っていけ」と指示しているが、せっかくチャンスを作っても決定打が出ない。3回には二死満塁と攻め立てながら、頼みのエルドレッドが空振り三振。5回にも二死満塁から天谷が3打席連続となる空振り三振で万事休す。

 これが15年ぶりのAクラスい入り、初のCS進出に向けた生みの苦しみなのか。ただ、自力で壁を乗り越えないことには、その先は見えてこない。