<オリ>ロッテ&ダイエー流でフロント改革

2012年09月15日 18時00分

 最下位に沈んでいるオリックスがフロント改革を検討している。今季は6月10日に最下位に転落して以降は一度も浮上できず、混戦パ・リーグの蚊帳の外に置かれたままのシーズンとなっている。すでにV逸は決定的で1996年を最後に16年間、優勝なし。最近10年でもAクラスは2008年(2位)の一度だけだ。

 この長期低迷に球団関係者は「編成部門を統括できる人物がいないことも優勝から遠ざかっている原因。ここ数年はそういう人材を探しているのは事実だ」とフロントのテコ入れに動いていることを明かす。

 有力候補となっているのが、ロッテの前球団社長の瀬戸山隆三氏と前運営本部長の石川晃氏の2人だ。瀬戸山氏はダイエー(現ソフトバンク)で球団代表などを務め、チーム強化に尽力。04年にロッテに入団すると05年、10年の日本一に導いた。石川氏もダイエー時代にはスカウトとして小久保、松中、井口といったアマ球界の注目選手を次々と獲得。強豪ホークスの基礎を築き、08年オフから11年までロッテで瀬戸山氏とともに球団運営を統括した。

 2人とも実績は十分で瀬戸山氏に関してはダイエー退団後にオリックスがフロント入りを要請した経緯がある。14日現在でチーム打率、防御率ともにリーグ最下位。球団関係者も「選手層が薄すぎる。主力が不調になるとカバーする選手がいない。一気に戦力が落ちてしまう。今年も1年間、戦い抜く戦力を整えることができなかった」と敗因を分析するように戦力整備は急務。2人の手腕に大きな期待がかかっている。17年ぶりVに向け、まずフロントにメスを入れることになりそうだ。