ソフト摂津 ハーラー独走15勝目

2012年09月12日 12時00分

お立ち台でポーズを決める摂津とペーニャ

 ソフトバンクは11日、楽天戦(ヤフードーム)に2—1で競り勝ち、4連勝を飾った。エース・摂津がメジャー関係者も絶賛する、安定感抜群の投球を披露。自己最多更新で、ハーラー争いを独走する15勝目をマークした。今季最後の9連戦の大事な初戦を白星で飾った鷹軍。ここから勝利を積み重ね、奇跡の逆転Vを成し遂げる。

 エースの貫禄十分だった。先発の摂津が4回まではパーフェクト。5回に二死三塁から、牧田に左前適時打で1点返されたが、7回3安打1失点と、相変わらずの安定感を披露。自己最多となる15勝目を挙げ、ハーラー争いでも2位の日本ハム・吉川(12勝)に3勝差をつけた。これで8月1日の楽天戦から自身6連勝だ。

 どちらかといえば慎重な斉藤投手コーチも試合前に「言うことなし。連戦の頭に投げさせる投手として、堂々と送り出せる状態だと思う」というほど調子はよかった。7回には足を滑らせるアクシデントが発生。いったんベンチに下がり、周囲をヒヤリとさせたが、その後も全く問題なく投げ続けた。

 

 打線では、2回二死三塁から本多の左前適時打で先制。3回にはペーニャが2試合連続弾となる20号右翼越えソロが効いた。エースを立てて絶対に落とせない初戦をきっちり勝利。逆転Vへ9連戦で白星を並べるつもりだ。