吉見「らしくない」一発献上

2012年09月12日 12時00分

筒香に一発を浴びた吉見

 今夜もすっきりとはいかなかった。11日のDeNA戦(横浜)に先発した中日・吉見がまたもらしくない投球を演じてしまった。

 目下7連勝中の吉見だが、決して最近の内容は良くない。ここ3試合で打たれたヒットは10、8、11。「本来の制球じゃない。球が甘い」と高木監督もエースの状態に気をもんでいた。

 そんな心配はこの日も的中してしまう。味方打線は2回、大島の適時内野安打で先制、さらに3回には荒木の左犠飛で追加点。序盤で2点のリードをプレゼントしてくれた。

 いつもの吉見であれば楽勝ムードの展開となる。ところが4回に落し穴が待っていた。先頭の内村に左前打。中村、ラミレスの強力クリーンアップを抑え二死三塁にまでこぎつけたが続く筒香の初球、ストレートが真ん中高めに浮き、これをものの見事に右翼席に運ばれあっという間に同点に追いつかれてしまった。

 結局、この日は7回2失点。チームは8回に代打・松井佑の適時打で勝ち越し、逃げ切ったが、8回以降に3人の投手を投入しなければならなかった。勝負のCS・ファーストステージまでほぼ1か月。「これぞ吉見」の投球が待たれる。