阪神で助っ人バトル勃発? マートンに嫉妬するメッセ

2015年03月15日 11時00分

自身がプロデュースしたラーメンを試食するメッセンジャー

 阪神の助っ人、ランディ・メッセンジャー投手(33)が、同じ来日6年目で同年齢のマット・マートン外野手(33)をライバル視している。


 13日、メッセンジャーは甲子園球場で販売される選手コラボメニューの発表会見に出席。自身が初監修した「メッセの豚骨醤油ラーメン」(並800円、メッセ盛り1000円)を「めっちゃ、おいしい!」と日本語でPRしたが、そんな助っ人エースが気にしているのは、マートンとの個人グッズ数の差だった。


 昨年は最多勝&奪三振と2冠に輝いたメッセンジャーだが、残念ながらその人気度はマートンに遠く及ばない。現在、ユニホームや携帯ストラップなどマートンのグッズは47商品もあるのに、メッセンジャーのものは、その半分以下の22商品。これに「マートンはいいね。グッズもたくさんあって。自分も6年目なのに何で…」と大ジェラシー。何事にも負けず嫌いの性格だけに“マートン超え”を目標に掲げ「グッズを増やしてほしい!」と訴えているというのだ。


 これに対して球団関係者は「毎日出る野手と週に1回の投手では(商品の数に)差が出るのは仕方ないんだけど、メッセが今年も昨年のような活躍をするなら、こちらからグッズや球場の商品を担当する関係者に働きかけていく」と約束する。


 今オープン戦は2試合に登板し、計9イニングを投げて無失点(13日現在)。2年ぶりの開幕投手の座を内定させたメッセンジャーだが、今度は「打倒マートン」が、新たなモチベーションにもなりそう。