鉄腕・山口に忍び寄る影

2012年09月10日 12時09分

 巨人は9日、ヤクルトと対戦。延長10回の熱戦の末、4—4の時間切れ引き分けに終わった。3点を追う6回には代打・高橋由が走者一掃の三塁打で同点とし、7回には長野の適時打で一時勝ち越しに成功。しかし8回に登板した山口がバレンティンに同点打を許し、打線の勢いに水をさす形となってしまった。山口はここ5試合で3失点。明らかに精彩を欠いており、CSに向けたチームの不安材料となりつつある。

 これまでにはない、あっさりした点の取られ方だった。4—3とリードして向かえた8回、先頭の代打・川本に初球の外に逃げるシュートを中前打。犠打で二塁に進めるとバレンティンには初球、149キロの直球が真ん中に入ってしまった。力に勝るバレンティンに中前に運ばれ、あっという間に同点とされた。後続は断ったものの、前半戦には「ハマの大魔神」佐々木に並ぶ24試合連続無失点の記録を作った、“絶対左腕”の面影に陰りが見える内容だった。

 そこまでの試合展開は、さすが巨人の粘りの野球だった。先発・宮国は5回3失点で降板するも、その直後の6回、一死から長野、矢野の連打、阿部の四球で二死満塁の好機を作った。打席には村田。前の2打席で凡退しており「今度こそ」と臨んだ打席だったが、ここで原監督は代打に高橋由を告げた。

「二死で迎えたチャンスだったので、ここは打つしかない」と振りぬいた当たりは、もう少しで満塁ホームランという左翼フェンス直撃の三塁打。三者が一気に生還。7回には長野の内野安打で勝ち越した。当然、原監督は逃げ切りを図る。7回裏には高木京がしっかり抑え、8、9回を山口、西村、まさに“勝利の方程式”に託した矢先の失点だった。

 5年連続60試合登板という記録を作った鉄腕も、さすがに疲労の色を隠せずにいる。間を置かずに投げられている事が、好調を維持できている要因に挙げていたが、今年は昨年と違い、優勝のかかる勝負どころばかり。心身ともに困ぱいしているのは間違いない。しかも、川本に打たれたのは今季一番の武器といわれているシュート。ストライクゾーンからボールゾーンへ逃げるボールをしっかりととらえられてしまった。

 休養させたいところだが、今のチームに山口に代わるセットアッパーはいない。抑えには西村がいるが、不安定さをぬぐえずにいる首脳陣は、ケースバイケースで山口を最後に回すことも多い。左腕は高木康とルーキーの高木京がいるものの、勝負どころでの起用はためらいがあるのが実情だ。

 この日、中日が阪神に敗れ、優勝マジックは「12」となった。3年ぶりのペナント制覇は間違いないだろう。しかしCSなどポストシーズンの戦いのことを考えると、最近の山口の不調は心配だ。