大不振の阪神・西岡復活へ たむけん投入

2015年03月13日 11時00分

5回、三振に倒れてベンチに戻る西岡

 阪神・西岡剛内野手(30)の不振が日増しに深刻化している。11日の広島とのオープン戦(甲子園)では打順が3番から6番に“降格”したが2打数無安打。ついに和田豊監督(52)からも「このままの状態で開幕を迎えるわけにはいかない」と三塁のレギュラー白紙を突きつけられた。そんな中、球団内では西岡復活の指南役として、あの人気芸人に助けを請う声が…。

 

 不振にあえぐ西岡はこの日、3番から6番に“降格”となった。それでも2打数無安打1三振1四球と冴えないまま途中交代。これでオープン戦7試合で15打数2安打、2打点、打率1割3分3厘(11日現在)とドツボにはまり込んでいる。

 

「6番? どうなんですかね。3番は後ろにつなげなアカンし、6番は自分で決めに…だけど、今は打順どうこうよりも自分の状態が…。しっかり練習していきます」と西岡。これまで虎OBから「西岡を特別扱いするな」と苦言を呈されていた和田監督も「このままの状態で開幕を迎えるわけにはいかない。(三塁の)他の選手では良太(新井)もいい状態だから。レギュラーとは決まっていない? もちろん。ここから上がってこないとな」とついにレギュラー白紙を強調だ。

 

 年俸1億8000万円(推定)の高給選手の不振は球団にとっても頭の痛い話で、球団幹部も「何が何でも活躍してもらわんと困る」と渋い表情で話す。

 

 そんな中、球団サイドが、その復活の指南役として期待しているのが西岡の大親友である人気芸人・たむらけんじ(41)だ。「公私にわたって、一番よく西岡を知っているのはたむけんさん。本人の悩みなんかは聞いてもらっていると思うが、同じ野球人では気がつかないところとかをくすぐってやってほしい。今の西岡は技術面よりも精神面の方が大きいかもしれないから」(球団関係者)

 

 実は、今キャンプの二塁手バトル中でも西岡が「オレは上本に負けている。三塁をやるのも覚悟している」と早々と報告した相手が、たむけんだったと言われている。さらに練習休日前の8日夜には西岡が呉昇桓、伊藤隼を引き連れて、たむけんと朝まで豪遊したことも判明。“プライベート上の素行”はこれまで球団からも再三、問題視されてきた西岡だが、いまさら、その性格や言動を変えようとしても無理な話。たむけんも「チームとしてはオリックスを応援してるけど、個人では西岡です」と語っており、ここはひとつ、遊び仲間の大親友ならではの猛ハッパをかけてもらいたい、というわけだ。

 

 たむけんへのSOS。何としても西岡に復活してもらいたい阪神は真剣だ。