山本昌 引退一蹴の零封劇

2012年09月09日 11時03分

 中日・山本昌が引退の二文字を一蹴する快投を見せた。8日の阪神戦(ナゴヤドーム)に先発し、5回3分の1を5安打無失点と好投。味方打線の援護に恵まれず、勝ち星を手にすることはできなかったが、その健在ぶりを猛アピールした。

 球界最年長の47歳ベテラン左腕が躍動した。5回4失点で2敗目を喫した7月12日の阪神戦以来、約2か月ぶりの一軍登板。「KOされたら(引退と)はっきり言おうと思っていた」と悲壮な覚悟でマウンドへ上っていた山本昌だが、前半は緩急をつけた老かいな投球術を存分に発揮。5回まで4安打無失点と完璧な立ち上がりで、6回に一死から大和から二塁打、続く鳥谷に四球を出したところで降板したが、そこまで阪神打線を手玉に取った。

「6回まで投げたかったけれど、久しぶりで力が入りすぎて、疲れも出た。しっかり調整してきたので、ある程度力は出せたと思うが、もうちょっとやってきたことを出したかったです。まだまだいけると思います」(山本昌)

 高木監督は「よう投げたよね。行ける! 行ける! まだまだ若いし、今日みたいなピッチングをしてくれれば、楽に見とれる」と手放しでベテラン左腕を褒め称えた。権藤コーチも「いい裏切られ方をした。真っすぐが真ん中みたいなところで空振りが取れる。これがすごい」と最敬礼だ。

 一方打線は能見の前に8回まで4安打、9回は藤川に抑えられて完封リレーを許した。指揮官は「この点の取れない攻撃陣じゃあ、どうしようもない。内容が全然ない。点を取らんと勝てない」とおかんむり。ポストシーズンに向けて頼もしいベテランが戻ってきたが、高木竜の貧打が解消される気配がまったくないのは気掛かりだ。