巨人に珍名ルーキー「エガラシ2:50」

2012年09月09日 18時00分

原監督に一言もの申す?

 巨人のルーキー右腕・江柄子裕樹(25)が、5日の阪神戦(甲子園)でプロ初勝利をかけて先発したが、3回途中3安打2失点でKOされた。

 原監督は「もう少し長く放ってくれたらよかったけど…」と江柄子に苦言を呈したが、早い回での交代は想定内。2番手の高木康が炎上してプランは崩れてしまったが、この日は3番手で登板した小山と2人で試合を乗り切る計算だった。

 川口投手総合コーチも「(3回2失点)の小山の方が球に力があった。優先的に先発という思いはある」と2年目右腕に軍配を上げた。3度の先発機会を生かせなかった江柄子はつかみかけたローテを守れず、ひそかに抱いていた“野望”も打ち砕かれてしまった。

 江柄子にとって忘れられない出来事が6月の初昇格した際にあった。原監督にあいさつに向かうと「“エガシラ君”か、期待しているぞ!」といきなり名前を間違えられてしまったのだ。

 本気で落ち込む江柄子を見て、周囲の先輩たちは「それは原監督一流の期待の掛け方。名前を覚えてもらうように頑張れよ」と慰めたが、それ以降、チーム内では“エガシラ”の呼び名が定着。芸人の江頭2:50にかけて、“エガラシ2:50”と呼ぶ者まで現れた。

「初勝利を挙げて、監督や先輩たちに名前を覚えてもらいます!」と意気込んでいた江柄子だったが…。珍名ルーキー“エガラシ2:50”の汚名返上は、もう少し先になりそうだ。

 

五輪会場にいた!“金ピカの使者”エガちゃん