阪神正捕手候補も…“梅野を天狗にするな!”

2015年03月08日 09時00分

藤浪(右)とグータッチする梅野

 阪神首脳陣が正捕手候補の2年目・梅野隆太郎(23)の“管理”に目を光らせている。

 

 オープン戦では攻守にわたっていい働きを見せている梅野だが、山田勝彦バッテリーコーチ(45)は「まだ全然。アイツにはいつも勘違いするなと言い聞かしている。そんな甘いもんじゃない。試合に勝ってもリード面でナイス!とはなっていない部分は多い。今は本人が勘違いすることが危険」とピシャリ。「コーチだけじゃなく、先輩が言うのも効果がある。(キャプテンの)鳥谷と(選手会長の)上本にもアイツが調子に乗りすぎないよう、何かあれば言ってやってくれ!とお願いしている」というのだ。

 

 これも梅野への期待が大きいからだが、加えて山田コーチには自身の苦い経験もある。「僕も勘違いした人間だからね。(1992年に)レギュラーを取ってその後、チヤホヤされ、勘違いしてしまった。同じようにはならないように、と思うんだ」。92年の阪神は亀山、新庄フィーバーが吹き荒れ、山田も捕手として大活躍。当時、ヤクルト監督だった辛口の野村克也氏からも「山田は厄介なやつ。いいリードをしとる」と絶賛された。だが、その後は、故障や不振で2002年オフには日本ハムにトレード…。そんな思いを梅野にはしてほしくないわけだ。

 

「去年の経験を生かして責任感というか、やってやろうという気持ちはある。打撃も守備も課題を持って成長して、リーグ優勝、日本一に貢献したい」と謙虚に話す梅野。阪神にとっては久しぶりの生え抜き大型捕手だけに、その育成に首脳陣も必死だ。