日本ハム・中田 広島・大瀬良から自画自賛の一発

2015年02月28日 13時59分

 日本ハム・中田翔内野手(25)がまた打った。

 キャンプ地の沖縄・名護での最後の試合となった28日の広島との練習試合に「4番・一塁」で先発出場した中田。第1打席は中飛に倒れたが、2点リードの3回の第2打席で、昨年のセ・リーグ新人王・大瀬良の速球を完璧にミート。打球はバックスクリーン左に飛び込む“キャンプ地4号弾”となった。

 前日(27日)のキャンプ打ち上げで「本当にここまで早かった。それだけ充実した時を過ごせた」と語った通り、主砲の調整はすこぶる順調。「(本塁打は)タイミングを早く取って自分のスイングを心がけた。ポイントも良かったし本当に気持ちのいいスイングができた」と自画自賛した。

 開幕まで残り1か月。「ケガをしないことだけ。それ以外にない。チーム全体のムードもいいですし、早く開幕を迎えたい」。個人のことだけではなく全体を見渡せる心の余裕が、中田の真の好調ぶりを示している。