三塁起用浮上の西岡が居残り練習

2015年02月28日 11時00分

 三塁起用が浮上している阪神・西岡が28日から四国で行われる3試合を欠場し、甲子園に残って練習を行うことになった。和田監督は西岡の三塁守備について「(チームと離れる)3、4日でしっかりノックを受けて。1年戦う上で、もう少し準備期間を置かないとね」と“特訓”を指示。「いずれにせよ初めてじゃない。ゼロじゃないから。ある程度経験があるから」と期待を込めた。