巨人衝撃の開幕オーダー!阿部、村田、長野外れる?

2015年02月28日 11時00分

坂本(手前)の音頭で手締めする(左)から原監督、村田、阿部、寺内

 外れるのは阿部、村田、長野!? 26日、巨人は沖縄・那覇での2次キャンプを打ち上げた。天候にも恵まれた約1か月間、チーム内ではサバイバル競争が激化。若手や新戦力の猛アピールで、原辰徳監督(56)の“チーム解体宣言”が徐々に現実味を帯びてきており、開幕スタメン争いが大変なことになっている。

 

「天候に恵まれ、計画通り、100%に近い消化ができた。こういうキャンプもなかなかないんじゃないか」。充実の1か月間を原監督は満足顔で振り返った。

 

 指揮官はキャンプ初日に“野性味”をテーマに設定。チーム構想は「白紙」とし、厳しい競争のなかで生き抜く力強さをナインに求めた。

 

 すると投手陣では戸根(日大)、高木勇(三菱重工名古屋)のルーキーコンビが連日のブルペン入りで猛アピール。実戦でも物おじしない投球を披露し、指揮官を「2人とも戦力に十分入ってくる力を持っている」と喜ばせた。

 

 一方、野手陣でも各ポジションで激しいレギュラー争いが開戦。最激戦区の外野では大田、橋本の同期コンビが連日実戦で結果を残し、新加入の堂上も支配下登録を勝ち取って、一軍枠争いに参戦した。ベテランの高橋由をはじめ、亀井、松本哲、セペダも元気いっぱい。首脳陣は「誰も二軍に落とせない」とうれしい悲鳴を上げている。

 

 そんななか元気がないのが、昨季までの看板打者たちだ。阿部は右ふくらはぎの張りで沖縄での実戦を欠場中で、村田も打撃不振で最近2試合でスタメンから外された。右ヒジと右ヒザを手術した長野もいまだ二軍調整中だ。原監督は「(長野の一軍合流は)ケガが完全に頭から消えてから。戻ってきても即レギュラーというのは、今いる選手たちが許さないだろう」と現状では“構想外”であることを示唆した。

 

 そうした状況だけに、選手やスタッフ間では驚きの開幕スタメン予想が広がっている。なんと阿部、村田、長野の3人がメンバー表から外れるのでは、とささやかれているのだ。「1番は勇人(坂本)、2番は到(橋本)、3番は一塁でカメ(亀井)で、4番が泰示(大田)。5番はセペダ、6番は中井が三塁、7番に井端かな。8番は小林、9番菅野。こうなる可能性もゼロじゃないでしょう」。スタッフの一人は真顔で衝撃予想を展開した。

 

 とはいえ阿部は3月6日のオリックス戦(京セラ)から実戦復帰が予定されており、村田もこのまま黙っているとは思えない。長野も開幕に照準を合わせて順調にリハビリを消化しているが…。そんな話が飛び交うほど、激しいサバイバル競争が繰り広げられている。