丸に赤ヘル伝統の羞恥プレー

2015年02月26日 11時00分

背中に張り紙を張ってアップする丸

【目撃】沖縄キャンプで赤ヘル伝統(?)の罰が執行された。前日24日の韓国KIAとの練習試合でけん制死し、緒方監督から大目玉を食らった丸が25日、アップの際に「私は同じ失敗を二度繰り返してしまいました。日本代表を辞退させていただきます」と書かれた張り紙を背中に張って登場した。“1度目”は昨年の日米野球でのけん制死をさしており、周囲は大爆笑だった。

 緒方監督は「自分への戒めの言葉としてやったんじゃない?」とはぐらかしたが、丸は「監督に付けろと言われたので」と証言。どうやら首謀者は新監督だったようだ。

 広島では2005年に当時の山本浩二監督が差し入れでもらった高級焼酎「森伊蔵」をこっそり飲んでいたことがバレた木村一喜捕手が「森伊蔵を飲んだのは私です」という張り紙をされたことがある。今回はその再現となった格好だ。