大下剛史氏「堂林の課題は打撃フォームの安定」

2015年02月25日 11時00分

大下氏(左)の話に真剣に聞き入る堂林。中央は迎コーチ

【大下剛史 キャンプ点検(広島編)】

 

 広島が今年躍進を遂げるためには三塁手争いが焦点になると見ている。阪神から復帰した新井は心技体ともに充実していて状態はここ2、3年で一番といえる。居残りで特守をしている姿を見たが「広島でもう一回やってやるぞ」という気概にも満ちていた。緒方監督はオープン戦で堂林を起用するだろうが、結果が出なかったら後ろには新井がいる。そして力をつけてきた8年目の小窪も控えている。新井がいることでチームに緊張感が生まれており、堂林もこれまでのようにポジションを与えられる状況ではなく、高いレベルでの争いが期待できる。

 

 ただし、将来的な観点で考えると堂林が三塁のレギュラーを実力でつかみ、バックアップに新井が控えていることが理想だろう。そこで堂林がクリアしなければいけないのは打撃だ。新井打撃コーチによるとフォームが安定せず、甘い球を見逃しボール球の変化球に手を出してしまうという同じパターンで打ち取られることが多いという。そこから脱却しないと進化はないだろう。

 

 私とともに打撃練習を見ていた張本勲さんから「弓を引くようにトップを作ったままボールを見られないといけない」というアドバイスを受けていた。大先輩からの直接指導とあって本人も聞き入っていたが、その姿からは何かを吸収しようという気迫が感じられた。

 

 私も堂林とグラウンドで会い話をするのは久しぶりだったが、その表情は明るく「よし、やってやろう!」という意気込みが伝わりひと皮むけるのではという予感をさせてくれた。6年目となる今年は誰からも後ろ指をさされないような結果を求められるが、結婚をして一家の大黒柱となったことを機に、今までとは違った堂林を見せてくれることに期待したい。