ダルビッシュの投球に捕手「ビューティフル」

2015年02月24日 16時00分

【アリゾナ州サプライズ発】レンジャーズのダルビッシュ有投手(28)はキャンプ2度目のブルペンに入り、速球と変化球を織り交ぜ気持ち良さそうに49球を投げ込んだ。

 

 前回より強めに投げた速球は捕手ヒメネスの構えたミットへピタリ。カーブのキレも鋭かった。昨年ダルビッシュと相性の良かったヒメネスは投げるごとに「すごいぞ!」「ビューティフル」「ヤー」「ベリーナイス」などと連呼して気分を盛り上げていた。

 

「すごく投げやすかった。コントロールもかなり良かったし満足です。連動というか体全体でどういうふうに投げたか覚えているので、それに近づけたい。現時点ではすごいいい」とダルビッシュも納得顔だ。

 

 後ろで見守っていたマダックス投手コーチからツーシームを右打者の内角手元に投げてみるよう助言されると、そこへズバリ。同コーチはダルビッシュに日本語で「有さん、いいよ。すごーい」と声をかけた。

 

 バニスター監督は「200投球回数を超えるかどうかは問題ではなく、シーズンを通してローテーションを守り、すべての先発機会に登板できることを望んでいる。彼は我々のベスト投手の一人なのだから」と期待を寄せている。

 

 次の投球練習は25日(日本時間26日)。打者相手の実戦か、ブルペンで投げるか決まっていないが、ダルビッシュは「今の状態がいいので、打者が立ってどこまでできるか投げたいかなという気持ちもある」と話した。開幕へ向け順調だ。