大隣最短KO…鷹逆転V黄信号

2012年09月07日 12時00分

 リーグ3連覇へ完全に黄色信号だ。ソフトバンクは6日、首位・西武との直接対決・第3戦(西武ドーム)で2―9と惨敗。一気にゲーム差を縮めたかった3連戦で負け越し、その差が「6」に拡大した。

 

 先発の大隣が大誤算だった。秋山監督はローテーションを変更し中5日で獅子狩りを期待したが、3回一死から熊代の左中間二塁打、浅村の左中間三塁打であっさり先制。なおも中島の中越え適時二塁打で2点を喫した。そして4回には主将・小久保の失策をきっかけに崩れる。2本の適時二塁打に加え、秋山に左前適時打された。結局この日は今季最短となる3回2/3KOとなった。

 

「大事な試合ということが分かっていながらこういうピッチングをしてしまい、申し訳ないの一言です」。自身の連勝も7で止まった。今季6度目の中5日登板。さすがに疲労はピークだったようだ。

 

 試合前には「調子はいいんじゃないかな。うまく調整できていると思う」(斉藤投手コーチ)。だが試合が始まると、緩急で打ち取る本来の姿にはほど遠かった。

 

 攻撃は内川の欠場が響き、2点を返すのが精一杯。内川は右手薬指をはく離骨を押して出場していたが、状態が思わしくないようだ。

 

 前日5日の試合後に小久保は「明日(6日)負けたら厳しい」と険しい表情で語り、球界OBにいたっては「もう終わりだよ」と話していた。その試合に敗れ、逆転Vは危機的状況に陥った。