阪神のシ烈な二塁手争い 他球団が上本を応援するワケ

2015年02月23日 16時00分

西岡と正二塁手の座を争う上本

 シ烈を極めている阪神・西岡VS上本の正二塁手争いで、他球団007が「上本推し」だ。阪神は22日の中日戦(北谷)を6―1で快勝。対外試合6試合目での今季初白星に和田監督は「開幕戦で当たる相手なのでそれなりの意識は持っていた」と安堵の表情を見せた。

 一方、ネット裏で007らの話題を独占していたのが、西岡と上本の二塁手争い。しかも、なぜかオープン戦でもパッとしない西岡ではなく、昨年レギュラーの座を実力で奪った上本を“歓迎”する声が大半を占めているという。その理由をあるスコアラーがこう明かす。「もちろん上本は嫌な選手だ。西岡よりも守備範囲も広いし。でも上本が二塁を勝ち取れば、西岡は三塁に回ることになるだろう。そうなると今成が控えに回るからありがたい。だから上本には頑張ってほしい」

 この日はともに先発出場し、DH・西岡が2四球1犠飛1打点、二塁手・上本は4打数1安打1打点と“引き分け”となったが、得意の物まねで人気を博している伏兵の今成を警戒とは…。

 別の007はこう続ける。「(今成は)ムードメーカーだし、守備もいい。それに阪神はヤマを張って打ちに来る打者がほとんどなんだけど、今成は違う。来た球にうまく合わせてくる。それが1人打線に入ってくると投手は余計に気を使う。成績以上に厄介だから控えになってほしい」。その指摘通り、この日に三塁に入った今成は5打数3安打とクセ者ぶりを発揮している。

 上本が二塁手の座を維持できれば、昨年終盤と同じく西岡が三塁で起用されるケースが多くなる。となれば、厄介な今成がベンチで「宝の持ち腐れ」になってくれるというわけ。それにしても西岡がここまで“安パイ”に見られるとは…。