原巨人「引き締め第2弾」村田先発外しか

2012年09月07日 12時00分

 巨人打線が苦しんでいる。6日の阪神戦(甲子園)では、阪神先発・岩田から再三チャンスを作りながら7回1得点に抑えられ、結局1-1のまま延長10回、時間切れ引き分けに終わった。前夜の完封負けといい、今季の売りである“つなぎの打線”が機能不全に陥っている。原監督は今後に向けて強い危機感を感じており、チーム内では指揮官による厳しい“引き締め”が再び行われるのではないかとささやかれている。

 

 再三の好機を逸した。4回。一死後、坂本、阿部の連打で一死一、二塁。ここで村田が初球の外角低めのボール球に手を出し遊併殺打。5回には下位打線でチャンスを作り二死二、三塁。1番・長野が四球で歩き二死満塁でベテラン・谷を迎えたが、外角のストライクゾーンを微妙に出し入れする岩田の“誘い”にじらされ空振り三振に終わった。

 

 続く6回にも二死一、二塁で大田が内角直球を詰まらされ力ない右飛。1―0の7回に、ようやく長野が左前適時打し、同点に追いついたものの、打線にいつもの威力がないのは明らかだ。「(岩田は)直球に力があるが、いつも以上に力があることを頭に入れてしっかり準備してほしい」という橋上戦略コーチの試合前の呼び掛けも効果はなかった。

 

 前夜のメッセンジャー、そして左腕の岩田…。昨季までは「外国人」「左腕」を苦手にしていたが、今季はそれほど苦戦してはいなかった。にもかかわらず、打てなかったのは優勝を目前にした見えないプレッシャーなのか、それともたまった疲労のせいか…。そんな状況に、チーム内では「そろそろ監督の“引き締め”第2弾が始まるんじゃないか」とささやかれはじめている。

 

 原監督の“引き締め”第1弾は8月7日の阪神戦(東京ドーム)だった。当時、阪神先発メッセンジャーに対し11打数無安打の長野を今季初めてスタメンから外した。これについて指揮官は、関係者にこう語ったという。「あれで長野がどう考えるか。そして他の選手がどう考えるかを僕は見ている。自分はチームに厳しく対している。『引き締め』に入っているんだ」

 

 その真意はなにか。チーム関係者はこう語る。「優勝がかかる、勝負どころのプレッシャーを乗り切るには、普段と同じ気持ちでいてはいけない、というのが監督の思いです。そのために要所要所で『手綱を引く』意味で、レギュラークラスをスタメンから外すなどの入れ替えを行っているんですよ」。優勝が現実味を帯びてくる11日から始まる9連戦に備えるためにも、打線の引き締め「第2弾」が始まるのでは、というのだ。

 

 可能性としては好機に凡退した村田のスタメン落ちや、1番・長野のクリーンアップ、そして二軍で調整中の小笠原の緊急昇格などが考えられるが…。原監督はどう動くか。注目だ。