レッドソックス・上原が監督・GMと三者会談

2015年02月21日 16時00分

【フロリダ州フォートマイヤーズ発】レッドソックスの上原浩治投手(39)は翌日からのバッテリー陣のキャンプインに備え、田沢純一投手(28)とキャッチボールなどで軽めの調整を行った。

 

 練習前の午前9時から身体検査を受け、10時10分からはキャンプでは恒例行事となっているファレル監督、チェリントンGMとの三者会談。今後の調整などを話し合ったとみられる。

 

 またファレル監督は会見を行い、エース不在と言われる先発投手陣について問われると「奥深い才能を持つ5人がいる」と話し、ポルセロ、マイリー、バックホルツ、ケリー、マスターソンの活躍に信頼を寄せた。野手陣は25日(同26日)にキャンプインするが、オルティス、ペドロイアらを除くほとんどの選手はすでにキャンプ地でトレーニングを開始している。