原監督が侍G3戦士にゲキ

2015年02月17日 16時00分

侍ジャパンに選ばれた坂本(右)ら3選手にゲキを飛ばした原監督

 巨人・原監督が16日、侍ジャパンに選ばれた坂本、澤村、小林の3選手に「2試合とはいえ、侍の貴重なゲームを任された。大いに力を試して戦ってもらいたい」とゲキを飛ばした。3人にかけるチームの期待値は大きい。坂本は阿部から主将の座を引き継ぎ、新たな重圧を感じながらシーズンに臨む。澤村は守護神候補として先発からリリーフに転向。小林もFA移籍してきたベテランの相川と本格的な正捕手争いに突入する。開幕前に日の丸を背負う戦いは、どれも貴重な経験となることは間違いない。

 小久保監督から兄貴分的な役割を期待されている坂本は「試合まであまり時間がないので、しっかり調整したい。正直、キャプテンになったばかりで経験があまりない。経験しながらやっていきたい」と力を込めた。巨人は18日から、いよいよ対外試合がスタートする。原監督は「練習のままの姿を出せないのは、技術がないと言われても仕方ない」とも語る。日本一奪回を目指す上でも、ひと回り成長した3選手の姿を待ち望んでいる。