大田4番あるぞ!ミスターも大絶賛

2015年02月16日 16時00分

紅白戦で特大の2ランを放った大田

 巨人・大田泰示外野手(24)が15日、宮崎キャンプでの紅白戦で“チーム1号”を放った。主力が中心となった白組の「4番・中堅」で先発出場し、3回に新助っ人のマイコラス(前レンジャーズ)からバックスクリーン右へ豪快な2ランを叩き込んだ。

 

 さらに5回には久保から右越えの二塁打。紅白戦全3試合で4番に座り、3戦連続安打となった大田は「結果が出たのでプラスにしていきたい。今日は本塁打が出ましたけど、ああいう打撃をずっとできるようにしていきたい。意識していることを、そのまま打席でできたのは良かった。今日の4番は自分なりに良かった」と笑顔で胸を張った。

 

 バックネット裏から紅白戦を見守った長嶋終身名誉監督も「(2ランは)うまかったね。外角のボールをうまくセンターに持っていった。去年の秋から今年にかけていい感じて打っている。ひょっとしたら面白いよ。今年は」と大絶賛だ。

 

 しかし、原監督は「必要以上に褒めることはない。結果として彼のバッティングにプラスになればいい」と相変わらずのクールな反応。入団当初から「近未来の大砲」として期待をかけているものの、なかなか芽を出せずにいたとあって、ぬか喜びはできないのだろう。とはいえ16日からスタートする沖縄2次キャンプでも好調モードを持続すれば、大田の4番奪取の可能性も現実味を増してくる。原監督も内心ではそのシナリオの実現を願っている。