中日・吉見充実212球に指揮官もニンマリ

2015年02月14日 11時00分

谷繁元信監督兼選手を相手にバッティングピッチャーを務めた吉見

 中日・吉見が今キャンプで初めて打撃投手を務めた。和田、谷繁監督に62球を投じ、その後のブルペンでも100球と、この日だけで計212球の投げ込み。「(自分にとって)無事に投げ終えることがベスト。こうやって話しているということは、悩まず気持ち良くやっているということです」と充実感を漂わせた吉見には指揮官も「200球以上投げたんでしょ。いいんじゃないですか」とニンマリだった。