他球団お手上げ?「大谷の死角はスキャンダルしかない」

2015年02月12日 16時00分

大谷は2回の第1打席でいきなり本塁打を放った

 日本ハムの二刀流男・大谷翔平(20)が、11日の阪神との練習試合(名護)で豪快な“今季1号弾”を放った。今年初の対外試合に「5番・DH」で先発出場し、2回の第1打席でいきなり左翼席へズドン。これには他球団007も真っ青。早くも「お手上げ」の声まで出ている。

 大谷が華々しい一発を放ったのは2回だった。先頭打者での第1打席。2ボール2ストライクと追い込まれても動じない。阪神・金田の投じた外角直球を流し打ちで捉えると、打球は風にも乗って弾丸ライナーで左翼席へ。「ちょっと詰まってて、入るかなと思ったけど力で持っていけた。切れないで入ってくれたのはすごく良かった。打席でのスイングの結果もいいですし、全体的に体の調子はいい」と明るい表情だ。

 栗山監督こそ「小学生があんな打球を打ったら、すっごく命懸けで褒めると思うけど、もともと(能力を)持っている選手ができることを普通にやっただけ。俺は褒めないよ!」とあえて厳しい言葉を口にしたが、今季初実戦マウンドとなった9日の紅白戦では155キロをマークし、中1日で野手としてプレーしたら、いきなりズドン。3年目の大谷は順調そのもののようだ。

 実際、偵察に訪れていた他球団007は、大谷のすさまじい能力に真っ青となっている。「持っているものが違う。ここまで着実に成長してきている。だいぶプロにも慣れてきて2年目、3年目のジンクスも考えられない」とは中日・井本スコアラー。早くも「お手上げ」の声も出ており、ある球団のスコアラーは「もはや大谷に死角があるとしたらスキャンダルぐらいしかないのでは…。まじめすぎるほどの性格だし、球団が育成方針でしっかりガードしているから、そういった可能性はほとんどないのかもしれないけど…」というほど。野球以外でのスキャンダルなどの自滅ぐらいでしか攻略できないのではないか、と考えるほど007たちは今年の大谷に震え上がっている。

 昨季は日本プロ野球史上初、メジャーリーグでもベーブ・ルース以来の10勝&10本塁打を達成した大谷だが、他球団007は「今年、昨年以上の成績を残すのは間違いない」とも断言する。どこまですごい男になっていくのか。二刀流男の進化は止まらない。