阪神・平田ヘッド“代わり映えしない”の声に反発

2015年02月12日 11時00分

V奪回のキーマンでもある平田ヘッドコーチ

【核心直撃】阪神・和田豊監督(52)の“新・懐刀”として入閣した平田勝男ヘッドコーチ(55)。2005年の岡田阪神優勝時もヘッドを務め、10年ぶりのV奪回に鼻息を荒くしているが、沖縄・宜野座キャンプでは他球団007から「若手が目立たない」「代わり映えしない」と軽視する声が続出。これをヘッドに直撃すると…。

 

 ――新ヘッドとして迎えた今キャンプも9日、第2クールを終えたが

 

 平田ヘッドコーチ:順調に行ってるよ。各コーチも元気を出してやってるけど、何より鳥谷が明るいのがいい。阪神で腰を落ち着けたということである意味吹っ切れて、いい状態でいる。鳥谷が本気でチームを引っ張ってくれている。これが大きい。あとは剛(西岡)や。

 

 ――西岡は二塁手のレギュラー奪回に目の色を変えている

 

 平田ヘッドコーチ:剛の覚悟はひしひしと伝わっているよ。もう後がないと思っているのは本当。朝、早くから(宿舎でも)練習してるしな、知らんやろ。軽いイメージがあるかもしれんけど、本当はまじめ。練習でプレーを見てたら「ミスしたら何を言われるかわからん」みたいな感じで一生懸命やっている。去年、ファームで見ていたけど練習量はすごかった。この世界の怖さを知った男が次やる時は強いよ。二塁争いの本番はこれから。結果を出した上で監督が決めること。

 

 ――偵察に来た他球団007からは「代わり映えしない」などの手厳しい声があるが

 

 平田ヘッドコーチ:言わしておけばええよ! 全然気にしない。今はチームの底上げを何とかしようと必死にやってるけど、すぐに育つわけがない。誰も出てこない可能性だってあるよ。でも、今の一軍メンバーと差が近づいてきそうなヤツらを呼んだ。ダメだと思ってやってない。(若手が)元気がないとか、だいたい、お前んとこの若手はどうなんや! 新聞記者だって元気で目立つような仕事してるんか。

 

 ――今度、言い聞かしときます

 

 平田ヘッドコーチ:そやろ? 我々にとってマスコミ、特に大スポ(東スポ)は戦力や。厳しい意見も歓迎。今年は球団創立80周年のシーズン。選手らをもり立ててくれるよう見守ってくれな。