スラィリー“当て逃げ”被害

2015年02月10日 11時00分

制止するスラィリーに蹴りを入れる松山(左)

 9日、日南キャンプで広島のマスコットのスラィリーが球場を訪れたファンをお出迎えしているところに自転車通勤の松山が現れた。

「ストップ」。スラィリーが門番のようにポールで制止を試みた。ところが…。松山は自転車を止めるどころか蹴りで反撃。左脚キックを食らったスラィリーはたまらずダウン。松山は勝利の笑みを浮かべて通過しました。コントのようなやりとりはファンに大ウケだった。