由伸兼任コーチ ノックしただけで大フィーバー

2015年02月09日 16時00分

阿部(手前)にノックする高橋由

 巨人キャンプの主役は高橋由伸外野手兼打撃コーチ(39)だ。第2クール3日目の8日、同兼任コーチは阿部慎之助内野手(35)らを相手に、ついにノック指導を解禁。それだけでキャンプ地は大騒ぎとなった。松井秀喜氏(40)が去った今、チーム内で圧倒的な人気を誇るベテランの大スターは、集客や営業面でも大きな存在感を発揮している。

 

 サンマリンスタジアムの空気が一変したのは、阿部のひと言がきっかけだった。一塁の守備位置から「高橋コーチ、ノックお願いします!」と叫ぶと、打撃ケージ裏で若手の打撃練習を見守っていた高橋由が振り向く。

 

 阿部がファーストミットを叩いて催促すると、“新任コーチ”が苦笑いを浮かべながらノックバットを手に取った。すると、それまで午後の静かな時間が流れていたグラウンドは大騒ぎに。テレビクルーやカメラマン、記者があわてて走り回った。

 

 注目の1球目は一塁ベースを直撃する“秘打”を披露。天才打者ぶりを見せつけてスタンドの笑いを誘うと、そこから約20分間、阿部、片岡、井端の3人を相手に時折笑みを浮かべながらちょうど100球。きれいなスイングでゴロの雨を浴びせた。

 

「思ったよりちゃんと打てるんだなと。他のコーチが空いていなかったから、(高橋由も)コーチはコーチなのでお願いしました」と阿部。同級生のノックを受けた井端は「正直、楽しかった」と感想を漏らした。

 

 色めき立つ報道陣に、原監督は「ノックぐらい打つだろうよ。コーチなんだから」とあきれた様子で笑ったが、ノック終了後には急きょ高橋由のテレビ会見がセッティングされる騒ぎに。フジテレビ・内田嶺衣奈アナまで駆けつけた会見に、さすがの高橋由は苦笑いが止まらない。「慎之助が打ってって言うからね。ノック担当のコーチじゃないんだけど、コーチの役割の時間だったので。僕もいい練習になりました。(井端へのノックは)本人より僕自身が不思議な感じがした」と語ると、最後は「こんなに騒がれるようなことなの?」と困惑気味の表情を浮かべて車に乗り込んだ。

 

 衰えることのない高橋由の人気が再認識されるフィーバーとなったが、一コーチの初ノックがこれほど注目されるのは、それだけ今年の巨人キャンプに話題が乏しいからでもある。球団スタッフの「球場外で『これから高橋兼任コーチがノックを始めます!』とアナウンスをしたいぐらいだ」というつぶやきも、冗談には聞こえない。

 

 今後もノック指導を行うか聞かれた高橋由は「もう1回やったので、2回も3回も同じ。タイミングが合えばやるかもしれない」と、やはり苦笑いで答えていたが…。生え抜きスターの一挙手一投足が例年以上に熱い視線を集めている。