激太り!阪神メッセにラーメン禁止令

2015年02月07日 16時00分

今キャンプではこんなことに・・・

 阪神の助っ人エース、ランディ・メッセンジャー(33)が沖縄・宜野座キャンプで“大ピンチ”だ。原因は激太りでキャンプインしたこと。とうとう大好物のラーメンについてチーム内で「食わせないことも考える」と言われ始めたのだ。

 

 6日、虎の開幕投手がメッセンジャーか藤浪に絞られていることが判明した。臨時コーチを務めている江夏豊氏(66)が「首脳陣の話が聞こえたが、外国人(メッセンジャー)か藤浪か、開幕をどっちにするとか言っていたな」と秘密情報をポロリ。これを受けて中西投手コーチも「そうやな…」と認めた。昨年最多勝のタイトルを獲得し、2年ぶりの開幕投手に名乗り出ていたメッセンジャーにとっては朗報。だが、喜んでもいられない。チーム内で激太りでキャンプインしたことが問題視されているからだ。

 

 この日のメッセは53球の投球練習を行ったが、終始おなかはポッコリで揺れたまま。二重あごが隠れるひげをなでつつ「体重は122キロだ」と自称しているが、首脳陣からは「そんなわけないだろ。あれは太りすぎ。130キロぐらいはあるはず」と“詐称”を疑われている。「筋肉で体が大きくなる分にはいいが、メッセのは明らかに脂肪だからな。このままでは投球に影響が出るのは間違いない。今年もフル回転してもらわなきゃ困るんだから。キャンプ中にやせてもらわないと」(あるコーチ)

 

 昨季31試合で208回1/3を投げた疲労を考慮し、1月まで休養を重視したための激太り。もちろん、今後、キャンプでしっかりと絞れれば何の文句もいわれないが、問題は体重が昨季の水準まで戻せなかった場合だ。メッセンジャーといえば大のラーメン好き。登板前日に必ずラーメンを食べるのは有名な話だが、あるコーチは「かわいそうだけど最悪の事態になったらラーメンを禁止するしかない。キャンプ終盤くらいの体形で判断する」と言いだしたのだ。

 

「今キャンプでもランチでよくラーメンを食べていますよ」(球団関係者)と、体重増でも相変わらず好物に目がないメッセンジャー。前代未聞のラーメン禁止とならないようにやせるしかない。