赤ヘル投が大炎上!野村プロ最短KO

2012年09月05日 12時00分

 広島は4日、中日戦(ナゴヤドーム)に2—10で完敗し、借金は再び3に膨らんだ。この日は赤ヘル投手陣が大炎上。先発のルーキー・野村は3点を奪われ、プロ最短の3回KO。2番手でマウンドに上がった江草も満塁本塁打を許すなど5失点と悪い流れを止めるどころか、火に油を注いでしまった。打線は苦手の吉見から2点を奪ったものの、それが精一杯。ここまで奮闘してきた投手陣にも疲れが見え始めている。

 10勝目を目指して先発のマウンドに上がった黄金ルーキーの野村だったが、奇跡の逆転Vに燃える竜打線に餌食にされた。1点の援護をもらった初回。一死三塁のピンチを招くと和田に左犠飛を浴びて同点。直後のブランコにはバックスクリーンに勝ち越しのソロアーチを打ち込まれた。

 2—2の3回は二死一、二塁から井端に適時打を許す。この日の野村は持ち味の制球力が影を潜め、甘く入ったボールを痛打。結局、プロ入り最短となる3回で無念の降板となってしまった。

 野村監督は江草にスイッチしたものの、この継投策も完全に裏目だ。一死一、二塁から荒木に適時打を浴びて失点するとその後に満塁からブランコに満塁弾を浴びて5失点。さらに、8回にはサファテも2失点と負の連鎖は止まらなかった。

 前カードの阪神戦で投手陣は3試合で6失点と奮闘。しかし、打線がわずか2点しか取れずに負け越してしまった。大野投手チーフコーチは「野村もそうだし、投手陣全体にもいえることだがなかなか余裕を持って投げられる場面がない。それが徐々にこたえてくることもある」。その悪い予感が当たってしまった。

 打線はここまで7連敗中だった竜のエース・吉見から初回、エルドレッドの犠飛で先制。さらに2回には堂林が「完璧な当たり。久しぶりですね」という12号ソロアーチを放った。「今日は打てる」という期待は高まったが3回以降は要所を抑えられてしまい、2桁安打を放ちながらもわずか2点止まりとなった。

 チームはこれで2連敗。初のCS進出へ向けて黄色信号が灯った。