「サード岡本」軽快な動きでゴロ処理

2015年02月05日 10時50分

一軍の練習に参加した岡本。右は村田

 二軍スタートの巨人ドラフト1位・岡本和真内野手(18=智弁学園)が4日、一軍の練習に初参加し、シートノックで三塁に入った。緊張した様子だったが、村田から「ホットコーナーだから声を出していこう」と声をかけられると軽快な動きでゴロ19球を処理した。

 岡本は「(一塁手が)阿部さんだと思ったら投げられなくなるので、胸だけ見て投げました」とホッとした表情。いい経験になったようだ。