巨人ポレダ 初ブルペンで「アドレナリンが出た」

2015年02月03日 10時56分

ブルペンで投げ込むポレダ

 巨人のアーロン・ポレダ投手(28=前レンジャーズ)が2日、初ブルペンに入り、チェンジアップなど変化球を交えて32球。「日本での最初のブルペンだったが、いい雰囲気のなかで新しい経験を楽しめた。ファンも見ているし、審判もいてアドレナリンが出た。いい興奮状態で投げられた」と笑顔を見せた。

 投球後には小林とも言葉を交わし自らの投球スタイルなどを“PR”。「どういう球種を投げるかや、自分はインサイドを攻めるのが好きとか、そういう話をしたよ」と語った。