中日・周平 大島の助言で打撃開眼

2015年02月02日 16時00分

谷繁監督の前で覚醒ぶりを見せつけた高橋周平

 今季の三塁レギュラーを狙う中日・高橋周平内野手(21)が沖縄キャンプ初日から猛アピールだ。フリー打撃でいきなり292スイング中46本もの柵越えを披露。打撃ケージの真後ろに特設した“監督専用ベンチ”に座って見守った谷繁監督が「打球の質が変わってきた」と舌を巻けば、長嶋チーフ打撃外野守備走塁コーチも「今まではギクシャクしてたのが柔らかくなっていた。しっかり懐が作れる感覚、距離がとれるようになった」と絶賛した。

 

 そんな高橋周の打撃“開眼”の背景にはある選手のワンポイントアドバイスがあった。沖縄合同自主トレの最終日だった1月30日、マシン打撃で納得のいく当たりが出ない高橋周に対して、一緒に居残り練習していた大島が「右足を始動するときに右肩が内へ入ってしまっている。だからバットがブレてスイングの軌道が窮屈になっている」と問題点をズバリ指摘。同じ左打ちの大島のアドバイス通りに実践してみた高橋周は「なるほど!」とうなり、この日からスイングが激変、強烈な打球が飛ぶようになったという。

 

 高橋周は「ちょっと(打撃フォームが)おかしくなってるのが自分では分かってなかったんで、大島さんからアドバイスをもらえたのはタメになりました」と感謝しきりだが、ある若手選手は「大島さんがひと言、ふた言アドバイスしただけで周平があそこまで変わるなんてすごい。僕らにも気づいたことがあれば、どんどん言ってもらいたい」と熱望するほど。高橋周はもちろん、その打撃を覚醒させた大島の評価も急上昇だ。