川相ヘッド 恒例の“バント塾”開講

2015年02月02日 11時00分

原監督、ナインの前でバントの手本を披露した川相ヘッド(右)

 巨人の宮崎春季キャンプ初日(1日)の恒例となった夜間練習での“バント塾”が木の花ドームで行われた。一、二軍全員参加で犠打の世界記録を持つ川相ヘッドが指揮を執り、今年で3年連続の開講となった。

 川相ヘッドは「大半の人がやりたくないと思ってるだろうけど…」と話しながらも「シーズン中は阿部や村田にもバントのサインが出てる。監督のリクエストに応えられるように」と重要性を強調した。