デーブ 競争激化手応え「安楽まず一軍味わってもらう」

2015年02月01日 07時00分

コンビニエンスストアで買い物する安楽

 楽天・大久保監督が日本一奪還を宣言した。春季キャンプ地の沖縄・久米島入りした31日、新指揮官は「チームとしてキャンプは仕上げの段階。最下位のことは忘れ、チーム一丸となって日本一奪回を目指す」と力強く言い切った。

 一昨年の日本一から昨季はリーグ最下位に転落。選手間の競争を生むため、今キャンプでは一軍、二軍ではなく「久米島班」「仲里班」と名づけて班分けを行った。その上で「(2月)11日に一、二軍のコーチ会議を行って、そこで一、二軍を振り分ける」と、この日の全体ミーティングで新たなラインを選手に提示。大久保監督は「選手の目の色が変わってきた」と、その際のナインの反応に手応えを感じたという。

 注目のドラフト1位ルーキー・安楽(愛媛・済美高)については「まずは一軍を味わってもらう。空気の違いとかを感じてほしい」と、あくまでも一軍スタートは“体験学習”であることを強調。安楽自身は宿舎到着後、すぐに藤田らに誘われて食事に出かけ「そばを食べました。うまかったす。楽しみですね」と今日1日からのキャンプを前にリラックスムードだった。