工藤監督認めた 新天地復活へ松坂は“オレ流”

2015年02月01日 07時00分

左から内川、工藤監督、松田

 日本一軍団・ソフトバンクが31日、キャンプ地・宮崎入りした。到着早々、2年連続日本一を願って、およそ5万人を前に市内をパレード。その後はチーム宿舎で全体ミーティングを行った。今日1日からのキャンプで最も注目を集める選手は、メジャー帰りの松坂(前メッツ)だろう。9年ぶりの日本球界復帰となる右腕に対して、工藤新監督は“オレ流のススメ”を出した。

 昨季、日本一に輝いたソフトバンクが、宮崎市内でパレードを行った。沿道には3年前を上回るおよそ5万人が詰め掛けた。その後は、チーム宿舎で全体ミーティングが行われた。

 工藤監督は前回の監督コーチ会議で方針として打ち出した内容を選手に通達。「社会人としてという話をしました。髪形を含めてね。あとは“しょうがない”“できません”といった言葉はなしにしようね。前向きにやっていこうという話をしました」。また、故障防止に関して「守りに入ってケガをしないんじゃなくて、チャレンジしてケガをしない強い体をつくっていきましょう」と念押ししたという。

 いよいよ今日1日からは、連覇に向けたキャンプがスタート。新加入した「平成の怪物」松坂に注目が集まるが、鷹の新指揮官は“オレ流のススメ”を強調した。「(直接だけではなく)電話でも本人と話しているけど『自分の調整とか何かあったら言ってこいよ』と言っている。何かあれば対処する。それぞれであるからね」。

 実績に関しては誰もが認めるところ。ただ、松坂にとってソフトバンクは、ゆかりのない新天地。日本球界への復帰自体も実に9年ぶりだ。遠慮…とまではいかなくても、いきなり周りに合わせずに独自の調整を進めることに気が引けてもおかしくない。

 ただ、工藤監督は「大事なのはいいコンディションをつくってシーズンに入るということ」との考え。「例えば(巨人時代に同僚だった現レッドソックスの)上原なんかは遠投をバンバンやって、それで肩をつくっていた。ブルペンに入りたいなら、入ればいいしね」と続けた。

 新たなユニホームに袖を通し、代名詞の背番号「18」を背負う松坂の新たな戦いが今日からスタートする。長い現役生活で酸いも甘いも知り尽くした指揮官は、その復活をしっかりとバックアップする。