DeNAくすぶる「ノリ不要論」

2012年09月04日 12時00分

“采配批判”で降格されていた中村紀洋内野手(39)が4日のヤクルト戦(横浜)から復帰する。貧打に泣くDeNA。“みそぎ”を済ませたノリ砲への期待が高まるが、チーム内では「ノリ不要論」があったという。

 というのもノリが抹消となった翌日の試合からチームは5勝8敗と、DeNAにしては異例の健闘を続けている。「正直、ノリがいなくなってからのほうが、チームの雰囲気がいい。ピリピリしていたロッカーのムードも良くなったし、若手選手の表情も明るくなった」(チーム関係者)

 ベテラン不在が好影響を及ぼしているという。先月31日の巨人戦も先発の国吉が7回2失点と試合を作り、15日の試合でノリに叱責されている内村は31日、1日と2試合連続の2安打。3連敗したものの、若手の奮闘が目立った。

 渦中のノリに対する周囲の視線は厳しさを増すばかりだ。