オリックス入りのバリントンに「ラーメン店マップ」製作中

2015年01月30日 11時00分

バリントンはオリックスでも“ラーメンパワー”でフル回転?

 オリックスが新加入のブライアン・バリントン投手(34=前広島)のために“ラーメン店マップ”の製作を始めている。球団関係者が「彼はラーメン好きだと聞いたから今、キャンプ地の宮崎市周辺とこっち(関西)で評判のラーメン店のリストアップを進めているところ。彼には気持ち良く野球をしてほしいと思っているからね」と明かした。

 

 広島時代のバリントンは、日南キャンプに週1度“出張”してくるラーメン店を何よりも楽しみにし、替え玉まで注文していた。お気に入りはとんこつだが、交流戦で訪れた札幌ではみそラーメンにも手を出すなど、とにかくラーメン好きでパワーの源みたいなもの。オリックスサイドは、その情報を得たわけだ。

 

 オリックスがVを成し遂げるにはバリントンの活躍は不可欠。先発ローテーション入りし、1シーズン、フルに働いてもらわなければならない。そのためのサポートの一環。チーム関係者は選手にも協力を求めるそうで「一緒にラーメンを食べれば仲良くなれるだろうし、バリントンがチームになじむのにもちょうどいいんじゃないかな」とも話した。

 

 これには選手会長で正捕手の伊藤も「ウチのチームでラーメン嫌いな選手とかいないから、大丈夫じゃないですか。僕も好きですし。一緒に行きたいですね」と前向き。オリックスでもバリントンの“ラーメンパワー”が話題になりそうだ。