元巨人・辻内崇伸氏 高校生ドラ1の先輩として岡本にエール

2015年01月25日 18時43分

辻内氏からエールを送られた岡本

 元巨人投手で現在は女子プロ野球・アストライアで投手コーチを務める辻内崇伸氏(27)が25日、川崎市多摩区のジャイアンツ球場をサプライズ訪問。合同自主トレ中の岡本(智弁学園)に、高校生のドラフト1位の先輩としてエールを送った。

 かつての同僚らと旧交を温め「懐かしいですね」と語った辻内氏も、高校時代は大型左腕として活躍を期待された投手だった。だが巨人入団後は度重なる故障に悩まされ、一軍登板機会がないまま2013年シーズンを最後に引退した。

 岡本と接する機会はなかったが、自分と同じ“怪物”と呼ばれる後輩の存在は気になっていたという。

 新人の練習風景を眺めながら「楽しそうにやっていますね」と目を細めると、岡本へは「僕みたいにけがに苦しまないよう、周りに流されず、自分のペースで頑張ってほしい」と温かいメッセージ。最後はコーチの顔に戻り「女子プロ野球もお願いします!」としっかり宣伝して古巣を後にした。