中日・高橋周が県岐阜商・高橋純平にライバル心?

2015年01月25日 11時00分

 中日の高卒4年目・高橋周平内野手(21)に、センバツ出場決定の県岐阜商のエース“高橋純平効果”が期待されている。「ドラフトの目玉の高橋純平投手は、これから何かと騒がれるのは間違いない。ウチの周平は、たった1字違いだし『高橋といえば純平』みたいになるのは面白くないだろう。その存在が刺激になるはず」(チーム関係者)というわけだ。

 

 昨季は遊撃のレギュラー候補として春季キャンプに臨んだが、定位置確保どころか開幕二軍スタート。61試合出場で打率2割5分7厘、14打点、6本塁打と不本意な成績に終わった。今季は三塁で勝負する予定で「何度もチャンスはないと思っている。今年ダメならプロとしても終わってしまう」と、その意気込みはハンパではない。

 

 別のチーム関係者も「今年の周平は絶対に『周平より、高校生の純平がすごい』なんて言われるわけにはいかない。高橋純平が注目されればされるほど周平には発奮材料になるよ」という。“高橋といえば純平ではなく周平”。これが高橋周の今年のテーマにもなる!?