巨人スカウト会議 高校生投手にA評価

2015年01月21日 10時49分

 巨人は20日、東京都内の球団事務所で今年最初のスカウト会議を開き、今秋のドラフト指名候補約170人の中から上位候補の検討を行った。山下スカウト部長によれば、この日の会議で1位指名候補である「A」に6人がランク付けされた。

 高校生では「報告では、全部いいものを持っているとのことだった」(同部長)という“152キロ右腕”高橋純平(県岐阜商)と、昨夏の神奈川県大会決勝で20奪三振を記録した吉田凌(東海大相模)。大学生では今永昇太(駒大)、上原健太(明大)の両左腕、高山俊(明大)、谷田成吾(慶大)の野手がピックアップされ、今後重点的にチェックしていく方針が確認された。