青木 笑顔のジャイアンツ入団会見「世界一狙える球団」

2015年01月21日 10時50分

 ジャイアンツと正式契約した青木宣親外野手(33)が20日(日本時間21日)、米サンフランシスコの本拠地・AT&Tパークで記者会見を行った。球団の公式サイトによると単年で年俸400万ドル(約4億7000万円)、2年目の選択権は球団が持ち、年俸550万ドル(約6億4000万円)だ。背番号は「23」に決まった。

 同席したベーア球団社長にユニホームを着せてもらった青木は緊張した表情ながら「こういう伝統のあるチームでやってみたかった。最高の場所でプレーができると思うと、本当に今から興奮しているし、ほんとにうれしく思っている」と意気込みを語った。

 青木はメジャー3年で打率2割8分7厘、67盗塁。昨季はロイヤルズで、打率2割8分5厘、1本塁打、43打点、17盗塁をマーク。1985年以来29年ぶりのワールドシリーズ進出に貢献したことで評価は高く、ジャイアンツを上回る条件を提示した球団もあった。それでもジャイアンツを選んだ理由をこう説明した。

「すごく強いチーム。そこで優勝を、世界一を狙える球団だと思っているので、それが決め手となりました」。昨季のワールドシリーズでの経験も大きかった。

 ジャイアンツでは昨季までの右翼から左翼に回ることになるが「基本的に、その辺の不安はないですね。もちろんレフトの経験もありますし、昔から外野をやるにあたってどこでも守れるように練習してきた」と自信を見せた。

 新天地でどんなことを心がけるのか。「今までのプレーをすれば(チームに)フィットすると思う。今までのプレーを見てジャイアンツも獲ってくれたと思うので、そのまま出せばいいと思います」。青木はこれまでのスタイルを変えることなく最大の目標であるワールドシリーズ制覇に突き進む。