歳内上々デビュー、新井良サヨナラ劇弾

2012年09月03日 12時00分

 阪神のドラフト2位ルーキー・歳内が2日の広島戦(甲子園)にプロ初先発し、5回1失点と上々のピッチングを披露した。

 初回にいきなり一死満塁の大ピンチを迎えたものの、丸を三邪飛、堂林を遊ゴロにしとめ、切り抜けた。2回は先頭の赤松に左翼線を破る二塁打を許し、二死後、東出の内野安打で1点を失ったが、その後は追加点を許さなかった。

 5回二死三塁でこの日2度目の打席が回ってきたところで代打・金本を送られお役ごめんとなった。その金本が同点適時打を放ち、敗戦投手は免れた。歳内は「最初は緊張しましたが2回以降は落ち着いて自分の投球が出来たと思います」と、満足の表情で初先発を振り返った。

 試合は11回、新井良の2ランでサヨナラ勝ち。ルーキーの快投とともに、この日50歳誕生日を迎えた和田監督への大きなプレゼントとなった。

 

阪神悲壮な合い言葉「借金19だ」

関連タグ: