鷹の救世主打たれ自力V消滅

2012年09月03日 12時00分

 ここまで無敗を誇っていた鷹の救世主についに土がついた。ソフトバンクのドラフト1位・武田が2日、日本ハム戦(ヤフードーム)に先発。6回を投げ、プロ初被弾を含む5安打2失点でプロ初の敗戦投手になった。とはいえルーキーは責められない。この試合の最大の敗因は打線の不発。初回に1点を先制したものの、2回以降は最後までゼロ行進。これで5試合連続で1点しか奪えないなど状態は深刻だ。

 頼みの救世主・武田がやられた。4回、先頭の西川を四球で歩かせると、続く4番の中田にプロの洗礼を浴びせられた。高目の直球をとらえられて打球は左翼席へ。7試合目の先発にしてプロ初被弾となる逆転2ランを食らい、プロ初黒星を喫した。

 武田は「あの1球だけですね。内角を攻めようと思って甘いところに入ってしまった。1球で2点は大きいですね。結局、コントロールの問題。悔しい気持ちしかないです。チームに迷惑をかけてしまった」と肩を落とした。とはいえ許したのはわずかに2点。先発の役割は十分に果たした。高山投手コーチも「ゲームはしっかり作ってくれた」と評価した。

 そんなルーキーの力投を元気のない打線が見殺しにしてしまった。初回にペーニャの中前適時打で先制点を奪ったが、日本ハム先発の中村を攻めあぐねて、結局終わってみればこの1点のみ。相手先発・中村に今季初白星を献上してしまった。

 これで8月28日のオリックス戦から5試合連続で1点しか取れない貧打状態。そのうち4試合が初回の得点だけに終わるスミ1だ。秋山監督も「(先制点を奪った)その後だね。点がなかなか取れんね。形はできるんだけど。投手は頑張っている。あとは打つほうが頑張らないと」と肩を落とした。

 単なる1敗ではない。武田の不敗神話まで崩されての痛恨の黒星だ。ここまで高卒ルーキーながら、7月7日のデビュー以来、無傷の4連勝。先発した6度の試合でチームが負けたことは一度もなかった。球数制限があり、長いイニングを投げることができないとはいえ、その白星で幾度となくチームに勢いを与えてきた。ある意味、逆転Vへのラッキーボーイとなるべき存在でもあった。それだけに、1点差をはね返せなかったのは痛い。

 シーズン終盤の大事な時期に、絶対に勝たなければならない試合を落とし、痛恨の3連敗。球団史上初となるリーグ3連覇の夢は消えようとしている。