マー君“脱力フォーム”で完全復活

2012年09月03日 18時00分

 完全復活だ。楽天・田中は2日、オリックス戦(Kスタ宮城)に先発。勝ち負けはつかなかったものの、10回を投げ6安打11奪三振無失点の好投を見せた。

 本来のマー君が帰ってきた。初回、2回は3者凡退。3回に初めて走者を出し一死二塁のピンチを迎えたが、安達を空振り三振、川端を遊ゴロに料理し楽々と切り抜けた。「早い段階で点を取られるのがまずいパターンなので」。これでリズムに乗ると、5回までわずか2安打、毎回の6奪三振。6回の二死一、三塁のピンチも李を左飛に打ち取り「シャー!」と雄たけびを上げノリノリだった。

 7回以降は9回まで無安打。8回には圧巻の3者連続三振とオリックス打線にまったく仕事をさせなかった。10回に安打2本を許しピンチを招いたが、この場面も安達を三ゴロ。味方の援護がないまま115球で降板となったものの、自分の役割を果たした。

 復調の裏には昨季、沢村賞を獲得した“脱力フォーム”を取り戻したことが大きい。今季は新たな進化形フォーム作りに苦労し、故障する悪循環もあったが、ここにきてフォームに迷いがなくなった。そのおかげで本来の制球力が復活した。前回登板となった先月26日の日本ハム戦(Kスタ宮城)で10回を無四球無失点で勝利。この日も合わせて20回連続無失点、しかも無四球だ。「追い込んでからいいところに投げられた。打ち損じてもらった球もあるけど、いいようにとらえて次につなげたい」

 エースとしての凄みが戻ってきた田中。「2回続けて10回をゼロ。自分のやれることは最大限にやれているのかなと思います」。奇跡のCS出場へ、中心はやはりこの男だ。