広島復帰の新井 大マジの三塁奪取宣言

2015年01月20日 16時00分

ファンにサインする新井(右)

 広島に復帰した新井が三塁奪取に自信をのぞかせている。19日、廿日市市内の大野練習場で行われている選手会合同自主トレに初参加した新井は、初対面のルーキーたちに「久々に帰ってきた新井です。守備のことならば何でも聞いてください」と自らの守備の悪さをギャグにしたあいさつをして沸かせた。

 

 新井は「あれは冗談。初々しいなと感じた。自分も昔はこんなときがあったなと思う。何か自分にできることがあれば言うつもり」と話したが、周囲からは「実は本気なのではないか」という声が上がっている。同期入団でこのオフもたびたび練習をともにする東出は「マツダスタジアムでの練習でも走り込んでいたし、みんなが終わった後も『打ってくれ』と言ってさらにノックを受けていた。『まだレーザービームを隠している』とも言っていた」と、肩の状態にも例年以上の仕上がりぶりを感じているようだ。

 

 慢性的な右肩痛のため不安定になっていたスローイングについては「石井内野守備走塁コーチに丁寧に教えてもらえば安定する」(チーム関係者)という意見もあり、赤ヘル内での新井復活への期待は高まるばかり。「期待通りに活躍できるようにしっかり準備していきたい。初心に帰ってという気持ち」と気合を入れ直した新井の、定位置奪取はなるか。