巨人ドラ2戸根が初ブルペン 目標は鉄腕・山口

2015年01月19日 10時55分

即戦力の呼び声高い左腕の戸根

 巨人のドラフト2位・戸根千明投手(22=日大)と3位の高木勇人投手(25=三菱重工名古屋)が18日、ジャイアンツ球場で初めてブルペンに入って投球練習を行った。2人とも捕手を立たせての投球だったが、注目を集めたのは即戦力の呼び声高い左腕の戸根だった。直球のほかにチェンジアップやカーブ気味のスライダー“スラーブ”も披露。斎藤投手コーチも「(打者に)ガンガン向かっていく感じが見えた。楽しみ」と目を細めた。

 目標はGの鉄腕・山口だ。「(ボールの)リリースの位置、(力の)ため方、グラブの使い方、参考になることも多い」という憧れの存在で「憧れから目標、目標からライバル心が芽生えるように成長できれば」と表情を引き締めた。斎藤コーチも「(一軍メンバーに)十分入っていく力はある」と期待しており、キャンプでも注目を集めそうだ。

関連タグ: