由伸 コーチ“初仕事”に「不思議な感じ」

2015年01月16日 16時00分

初めてスタッフ会議に出席した高橋由(左)。右端は原監督

 今年から打撃コーチを兼任する高橋由が初めてスタッフ会議に出席した。

 

 コーチとしての“初仕事”を終え「言葉は難しいが、不思議な感じがしました」と開口一番、違和感を口にした。春季キャンプからは指導する立場も加わる。戸惑いもあって当然だが「こういうふうに準備をして計画を立てて進めているんだなっていうのが、今日の初めてのコーチとしての経験であり勉強だった」と実感を深めた。

 

 コーチ業との両立を成功させるため原監督は「ここからここまでは選手、この練習が終わったらコーチとしっかりと切り替える」と明言。選手とコーチを“完全分業制”にしてキャンプを過ごせるように全コーチ陣と再確認した。

 

 白石オーナーからは「将来の指導者の一角を占める柱の一つ」と大きな期待を寄せられた。高橋由は「いずれそういうふうになれるかどうかは、これからの自分の努力次第なのかなと思います」と力を込めた。