星野監督ついに出るか懲罰特訓

2012年09月02日 18時00分

 楽天が1日のオリックス戦(Kスタ宮城)に4―7で負け、また一歩CS争いから後退した。

 巻き返しを図るための最後の手段が星野監督の頭の中にはある。「大事な場面でミスが多すぎる。昔は『ずっとバントしてろ!』と怒鳴りつけて夜中まで練習させたもんだけどな…。うーん…、そういうのもこの際、必要なのかもな」

 中日監督時代の懲罰練習は球界で有名だが、当時を知る球界関係者によれば「想像以上」という。

「例えば試合でバントを失敗した選手は試合後、室内練習場で夜中2時、3時までずっとマシンでバント練習。島野(育夫ヘッドコーチ)さんが見ているから手を抜けない。手の感覚がなくなって気を失いそうになった選手もいた」

 今季の楽天ナインはアーリーワークも行っているため、懲罰が実現すれば睡眠時間も削ることになる。中日以上の「地獄」になることは確実だ。実現しないようにするためにもナインは今後猛奮起しなければならない。