新成人・藤浪 今年の目標は「制」

2015年01月13日 11時00分

新成人らとポーズをとる(中央右から)藤浪と北條

 阪神・藤浪晋太郎投手(20)が12日、同僚の北條史也内野手(20)とともに大阪・堺市内で行われた成人式に出席。「身の引き締まる思い。大人として認められたということ。責任感が出てくる。子供に夢を与えられるよう一プロ野球選手として、一大人として頑張っていきたい」と話した。


 大阪桐蔭の先輩でもある西岡からプロ1年目に10勝したお祝いで贈られたスーツを着用。昨年4月の誕生日で20歳を迎えており、飲酒は経験済みで「それなりに飲めるクチだと思う」とニヤリ。結婚観を問われると「それはまだまだです。20歳なのでゆっくりしたいですね。自分では30歳を過ぎてもいいと思っている。そういう相手に巡り合えたらいいですね」とはにかみながら答えた。

 

 今年の目標を「制」の文字で表現し「セ・リーグを制して優勝する。プロ野球を制して日本一になる。圧倒的な力で相手を制圧する。制球力をつける、ですかね」と力強く説明した藤浪。未来の日本を背負うエースへ。人生の節目を迎え、新たなスタートを切る。